バイクに乗りたがる理由

バイクに乗りたがる理由

バイクに乗り始めて20年以上、その楽しさは飽きることがありません。
今では乗用車に乗る時間がトータル的には多いのですが、やっぱりバイクに乗ると10代の頃のわくわく感が今でも蘇ってくるのです。
そのバイクに乗りたがる理由というのは一体何なのでしょうか? その一番に挙げたいのは、直にスピード感を味わえるということです。
私の地元に、地元ライダーでは有名な直線道路があるのですが、道路の周りに障害物がないため、見晴らしも良く、バイクライダーにとっては、カラダで感じることができるとっておきの道路です。
その肌や体で感じるスピード感、風を切る爽快感。
ゴーグル以外遮るものがない開放感。
それらどれをとってもバイクしか感じることのできないスピード感がたまりません! そしてもう一つ挙げたいのが、マシンと体が一体感となった乗り物は、他にはないということです。
スロットルを全開にスピードを上げ、その風圧をカラダで受け、体制をとりながら、バイクと一緒に走っている感覚がマシンと人間が一体化していく喜びを感じ取ることができるのです。
コーナリングでは、ハンドルを切るだけではなく、体制をその方向へ倒しながらバイクが一緒に反応してくれる一体感もまた、他に現すことができない快感です。
体制を倒せば倒すほど、しっかりと反応してくれるコーナリングでの興奮は、一度味わった方は何度でもチャレンジしてみたくなるでしょうね。
スロットルを回し、エンジンからタイヤに伝わるレスポンスにも、加速の快感を味わうことができます。
このバイクという二輪車は、秘めた可能性をライダーに与え続けてくれるのです。

    Copyright(C) 意外に知らないバイク論 All Rights Reserved.