オフロードバイクでスキルを磨く

オフロードバイクでスキルを磨く

自分はオンロードバイク専門でしたが、忘れてならないのは、オフロードバイクです。
友人にその専門で走る奴がおり、各大会などで入賞の常連となっていました。
トラックの荷台に載せ、各地の大会へ出向いていたようです。
その彼にインタビューすると、同じような答えが返ってきました。
やはり人間とバイクの一体感です。
オフロードですから、凹凸のある悪路を巧みなハンドルワークとバランスで、しかも微妙なスロットルパワーを駆使しながらすすめていく快感があるそうです。
もちろんその一体感が崩れると、足を付いてしまい、減点の対象です。
バイクのサスペンションと人間のカラダで上手く吸収し、まさしく一体にならないとコースを踏み外してしまうそうです。
林道とか、川岸など、走りにくいところを駆けるライディングの魅力に取り憑かれた人は多いそうです。
また、違うバイクの楽しさを味わえるということで、オンロードとオフロード両方を楽しむ方も結構いらっしゃるそうですよ。
オフロードバイクは、少々のことでは壊れない頑丈さも魅力です。
人間もオフロード用スーツに身を包み、走り抜ける緊張感が何ともいえないようですね。
そしてオフロードバイクに乗れるようになれば、ライディングの技術が向上するといわれています。
ですから、オフロードを走っている方は、オンロードのドライブスキルが非常に高いそうです。
このオフロードバイクにも乗ってみたくなりましたね!

    Copyright(C) 意外に知らないバイク論 All Rights Reserved.